オリックス銀行カードローンは来店も口座開設も不要で契約が行える、頼れる借り入れ先です。

借り換えローンを知る

借り換えローンとは、一般的に金利の高い業者で借りているものを、金利の低い業者に借り換えて利息負担の軽減を目指すものです。

カードローンは金利が数パーセント違うだけでも利息の負担は大きく変わってきますので、返済のことを考えるのであれば、金利は低い方が良いのは言うまでもありません。

他社での借り入れがある方は利息負担の差を見て、オリックス銀行カードローンへの借り換えを検討してみるのも良いでしょう。


借り換えによる利息の違い

実際にどれだけの利息の差になるのか、簡単に比べてみます。50万円を18.0%と15.0%の3%の金利の差で、30日間借りた場合の計算式は以下の通りになります。

▼18.0%の金利で借りている場合

50万円×18.0%÷365日×30日 = 7,397円

▼15.0%の金利で借りている場合

50万円×15.0%÷365日×30日 = 6,164円


利息を減らして計画的な返済を

30日間だけで1,200円以上の利息負担の差となり、返済時に支払う利息の金額は返し終わるまで続くことになります。

30日間だけで見ても大きな差であり、返し終わる頃までの最終的な利息の差は更に大きなものとなります。また、カードローンは借り入れ残高によって利息も変わるため、利息が低ければ元金を返しやすくなり、更に翌月以降の利息が減る良いサイクルも作れるのです。

高い金利で借りていて返済が思うように進まない、もっと低い金利で借りられるのではないかと感じている方は、オリックス銀行カードローンの利用を考えてみましょう。

その他の情報はこちら

トップへ戻る