オリックス銀行カードローンなら、来店も口座開設も不要でおまとめや借り換えにも使える便利な借り入れが可能です。

おまとめローンによる利息負担の違い

複数の借り入れを1社にまとめる「おまとめローン」で、現状よりも利息負担が軽減出来る可能性があるとは知られていますが、実際にどれだけの利息が軽減出来るかについては、意外と知られていません。

わざわざ1社にまとめたのに、利息が毎月数百円しか変わらないのではあまり意味がありませんので、正確な数値でなくてもどれだけの利息の違いがあるのか、目安だけでも知ることができれば、おまとめを検討する材料にもなり得ます。

簡単な条件となりますが、4社の借り入れをオリックス銀行カードローンでまとめたとした場合に、30日間で負担する利息の差を出してみましたので、一つの参考として見てみましょう。


おまとめ前の借り入れ状況

A社:50万円を17.8%の金利⇒7,315円の利息

B社:30万円を18.0%の金利⇒4,438円の利息

C社:70万円を15.0%の金利⇒8,630円の利息

D社:30万円を17.8%の金利⇒4,389円の利息

金利の幅は15.0%~18.0%で、総額180万円の借り入れがある上記の場合の利息総額は、24,772円の非常に高いものとなります。

50,000円の返済としたとしても半分ほどが利息となるため、支払い金額に対しては借り入れ残高はほとんど減らず、翌月以降もほぼ変わらない利息を払う事になります。


オリックス銀行カードローンでおまとめ

上記の借り入れをオリックス銀行カードローンでまとめるとすると、総額が180万円なので200万円コース(限度額150万円超200万円以下)となり、適用される金利は年利5.0%~12.8%となっています。

180万円のまとまった金額での融資となるため、200万円コースの最低金利で同じく30日間の利息計算をしてみると、以下のような結果となります。

1,800,000円×5.0%÷365日×30日間 = 7,397円

単純な計算のために参考程度ですが、ばらばらに借りていた時の利息総額24,772円との差は、17,375円もの大きな金額になります。200万円コースの最大金利12.8%だとしても。発生する利息は18,936円となるため、やはり大きく利息負担が軽減出来るのです


おまとめローンで利息軽減

上記が借り入れを一本化する「おまとめローン」の魅力であり、苦しくなってきた返済を立て直すための一つの有効な方法でもあります。

オリックス銀行ではおまとめもOKとしているので、借り入れが増えてしまって返済が苦しい、返済の手間がかかって面倒になってきた方は、オリックス銀行カードローンでのおまとめも検討してみると良いでしょう。

トップへ戻る