オリックス銀行カードローンなら、来店も口座開設も不要でおまとめや借り換えにも使える便利な借り入れが可能です。

借り入れで重要となる限度額設定

カードローンを利用するとき、必ず限度額が設定されることになります。これは必要以上の融資をカードローン会社が個人に行わないように設定されたものです。

多額の融資を受けたい人にとっては、この限度額の存在は、ある意味邪魔なものでしかないかもしれません。確かに制限が掛かってしまうと、万が一のときに困ってしまいます。


限度額がなければ危険

しかし、この限度額がないと、無理な金額を借りてしまったり、自分のお金が口座に入っているような気になって、安易な利用をしてしまう可能性があります。

仮に現在困っていて、カードローンで多額のお金を借りられたとしても、それを返済する能力がなければいつかは破産してしまいます。そして過去には、このようにして多くの借金を作ってしまったケースが実際にあるのです。


借金の管理が重要となる

お金を借りるとき、自己管理能力が必ず必要になります。しかし、お金がマイナス方向に関わると、人はこの自己管理能力を失ってしまうことがあります。このリスクは誰にもであるのです。

限度額がきちんと設定されてようになってからは、金銭的な意味でも精神的な意味でも、利用者のブレーキになってくれているので、間違った借り方をしない利用者が増えるようになったと言われています。

トップへ戻る