オリックス銀行カードローンなら、来店も口座開設も不要でおまとめや借り換えにも使える便利な借り入れが可能です。

代わりにカードローン契約は禁止

カードローンは利用者本人しか申し込むことはできません。友人や知人の代わりにお金を借りてあげることはできないのです。

例えば、友人が100万円借りたいけど、信用情報に問題があってローンの利用ができない場合、友人の代わりに借りてあげることは現実的には可能ですが、その友人がしっかりと自分に返済してくれるとは限りません。友人が返済不能になったとき、自分が借金を代わりに返済していく必要があります。

実質的な連帯保証人のような立場になるため、誰かのためにローンを組むようなことをしてはいけません。


まずは生活の安定が重要となる

ローン契約ができないということは、ローンを返済していく能力がないとみなされています。上記のような方法を活用して借りたり、闇金から借りたり、無謀な方法を使って借りることよりも、まずは身近な生活基盤を確立することが大切なのです。

生活が安定すれば、信用情報機関のネガティブ情報が消えた後なら、ローン契約も可能となります。


返済能力があるか無いか

カードローン利用の最低条件は、返済できる能力を有していることなのです。たとえ信用情報にネガティブ情報が登録されていなくとも、返済できない方に融資してくれる業者はありません。

カードローンの限度枠を設定するときも、返済能力に合った金額を設定しましょう。

トップへ戻る